会社事務所
メニューバー
 施工地域・・・・楕円形の範囲内(無料見積・無料間取相談)戻る
施工エリア 範囲
施工エリア
1

伊勢崎市|大栄産業の自由設計・木造注文住宅|建築情報

伊勢崎市の賃貸アパート|土地|住宅|注文住宅|自由設計の情報
伊勢崎市の不動産・売地・土地情報
伊勢崎市の新築・中古・建売・売家の住宅情報
標準仕様 コンフィード
標準仕様
1
menu
上へ

”理想の住まい”という言葉から、あなたはどのような家を想像しますか?
ライフスタイルや家族構成、人生観によって人が思い描く「幸せ」のかたちは様々です。建築会社|大栄産業はお客様1人ひとりが心から満足して頂けるために家造りは何よりも「Face to Face」のコミュニケーションが一番大切と考え対話を大切にしています。良い『間取り』・良い『外観』・良い『雰囲気』の家は必ずしも会社の規模や家の予算で決まるものではありません。良い家はお客様の願いと担当者の能力と信頼関係が一致した時に生まれます。そのために弊社は日頃からお客様の声に耳を傾け、お客様本位の営業姿勢と最新住宅の研究に日々努力していますのでマイホームをお考えの方は大栄産業までお気軽にご相談下さい。

尚現在、弊社ではモデル住宅として南欧風の次世代省エネ長期高耐久性ローコスト住宅の建築を大募集しています。
今なら建築を条件に地盤調査を無料でしていますので是非この機会を活かしてマイホームをご検討下さい。

□大栄産業の新築住宅
 
省エネ・コンフィード
 
高耐久・ドレアル
 
ローコスト・ソリエーボ

□建築工事の流れ

□過去の施工例

□大栄の家造り10の哲学
□他社との違い
□契約前のチェックポイント
 
資金計画
 
現地調査
 
地盤調査
 
間取り
 
坪単価と見積範囲
 
構造・材料の確認
□保証体制

□お問合せ先







注意!
本ホームページの著作権はDaieisangyoに帰属します。
このホームページの内容等は予告無に変わることがあります。
詳しくはお電話等で再確認いただきますよう宜しくお願い申し上げます。
あなたのマイホームの夢 大募集!    今なら無料でカタチ(CG)にします。
良くある質問 建築
注文住宅情報
伊勢崎市の賃貸アパート・貸家・マンションの家賃情報
クレームに学ぶ
クレームに学ぶ
1
施工エリア
施工例
施工例
会社0270-31-0325
自由設計 木造注文住宅
会社のマーク
大栄産業
1

□大栄産業の新築住宅
コンフィードの特徴 南欧風『次世代省エネ住宅だから一年中省エネで快適』戻る

次世代省エネ住宅(コンフィード)

坪単価は写真をクリックして下さい

★ 次世代省エネ住宅コンフィードのコンセプト

  * 快適さ     ・・・・・・次世代省エネ住宅だから省エネで最高級の住み心地
  
* 安全性      ・・・・・・耐震モノコック構造+骨太構造だから丈夫で安心
  
* 家計にやさしく・・・・・・高断熱+高性能サッシ+オール電化だから光熱費を大幅に削減

ドレアルの特徴 南欧風
『無垢に拘った長期高耐久性住宅だから丈夫で長持ち戻る

長期高耐久性住宅(ドレアル)

坪単価は写真をクリックして下さい

★ 長期高耐久性住宅ドレアルのコンセプト

  * 無垢材料   ・・・・・・天然素材だから身体に優しく無垢だから美しさがいつまでも長持ち
  
* 安全・安心 ・・・・・・耐震モノコック構造+高耐久性材料だから丈夫で安心
  
* 家計にやさしく・・・・・・厚張断熱+断熱サッシ+オール電化だから光熱費を大幅に削減

ソリエーボの特徴 南欧風
 『ローコスト住宅だから らくらくマイホーム』  戻る

ローコスト住宅(ソリエーボ)

坪単価は写真をクリックして下さい

★ ローコスト住宅ソリエーボのコンセプト

  * 安心・安全   ・・・・・・高耐久+省エネ+バリアフリーだから安心・安全
  
* 家計にやさしく・・・・・・厚張断熱+ペアーガラス+オール電化だから光熱費を大幅に削減
  
* 低価格・高仕様・・・・・坪単価35万円(本体価格)

□ 大栄産業の家造り10の哲学            戻る
 0.家はお客様の望みに叶うものでなければならない
 1.家は
丈夫で長持ちしなければならない
 2.家は
安全で安心できるものでなければならない
 3.家は
美しくなければならない
 4.家は暑くなく寒くなく
快適でなければならない
 5.家は
省エネで利便性に優れていなければならない
 6.家は
変化に対応できなければならない
 7.家は
高品位で安くなければならない
 8.家は
責任施工しなければいけない
 9.家は引渡した後も
責任を持たなければいけない
□ 他社との違い                        戻る
 *契約は信用を重んじ丼勘定の坪単価では契約しません。
   しっかりと間取を決め納得の行く見積書を提出した後に契約し
  ております。

 *強引な売込は一切していません。

 *営業→プランニング→設計→現場監督→現場管理の全てを
   建築士の資格を持った者が責任を持って担当しております。

 *家の品質の良し悪しは現場管理で決まります。弊社は特に
   現場管理に力を入れてクレームの無い家造りをしています。

 *当社の施工体制は直営工事です。下職に工事を丸投げして
   いません。

 *工事の中間検査は公的第三者機関を2社以上入れています。

□ 契約前のチェックポイント               戻る
■ 資金計画・・・・無理の無い資金計画の立て方      戻る   
 (参考)
 ステップ1 自分の借入限度額を知る
        ローン計算 
          群馬銀行  
          東和銀行 
           返済率 年収300<25% 300≦30%<400 年収400≦35%
           ローンの長さ10〜35年
           審査金利=10年固定=2.5%

 ステップ2 無理の無い返済金額でいくら借りられるか調べる

           ローンの長さ10〜35年
           審査金利=10年固定=2.5% 

 ステップ3 若い人は限度額の中で少々無理が効くが年配者は
            ローンの長さや返済金額で冒険してはいけません
 ステップ4 無理の無い借入金額が出たら月々の実際の返済金額
       を出す・・・・・金利の選択
           長期金利固定型・・・・年収の上昇が見込めない人
           固定金利期間選択型・・・・繰上げ返済を希望する人
           変動金利型・・ローンの短い人・近い将来まとめて返済できる人

 ステップ5 計算上の総予算を出す
            総予算=無理の無い借入金+自己資金+親の援助
           注意(登記代・借入費用・引越代として100万円は取っておく)

 ステップ6 計算上の総予算を家の値段と土地の値段に分ける
      建築費=家の規模(家族の人数×8-10坪/人)×坪単価(引渡価格)
      土地代=総予算−建築費             ※最多価格帯47万↑
                       参考(家の規模 8坪/人→最小住宅)
                          (家の規模 9坪/人→普通住宅)
                          (家の規模10坪/人→ゆとり住宅)

 ステップ7 土地の無い人は家の大きさから必要土地面積を出す
        土地の広さ=家の建坪×3・・・・最低必要です
                       参考(建坪とは1階床面積です) 

 ステップ8 土地の無い人は土地を予算内で探す
        一般に土地の無い人は両方の親から資金援助を受けています
        親の援助の無い人や土地代まで借りられない人は中古住宅を探す

 ステップ9 良い土地が有ったら銀行に借入の事前審査を申込む
 ステップ10土地の形状や道路付けを考えて間取を考える
 ステップ11数社の業者に予算を言って見積りを取る・・仕様を選ぶ
 ステップ12間取・予算・業者決定→銀行の融資を条件に契約を結ぶ     
 ステップ13銀行から融資を受けて土地を購入する
 ステップ14地盤調査をする
 ステップ154建物の確認申請を出す
 ステップ16銀行からつなぎ融資を受けて工事を着工する

雑学 年金の支給額
    60才 61 62 63 64 
65 66 67 68 69 70
    70% 76 82 88 94
100 108 117 125 134 142

   火災保険の種類
   @掛捨て時価価格保険
   A掛捨て時価価格保険+新価特約
   B積立再取得価格保険 1倍 2倍 5倍 10倍


■ 現地調査・・・・現地調査のチェックポイント        戻る
 *土地の境界を確かめる
 *道路の幅員や接道義務2m以上を確かめる
 *排水の関係で敷地の高低差を見る
 *間取の関係で敷地の方位を確認する
 *家の配置の関係で土地の形状を測る
 *前面道路の給排水やガス管・電気などの状況を調べる
 *土地の法令制限を不動産屋に聞く
 *隣地の建物の寄り具合を見る
 *境界線が生垣かブロックか何も無いか確かめる
 *地盤の硬さを歩いて確かめる
 *庭や家庭菜園を希望する時は日当りや土質まで見る
 *土地を買う時は日照や騒音・近くに嫌な物が無いかも見る
  ★詳しくは弊社までご相談ください。

■ 地盤調査・・・・地盤調査の報告書の見方        戻る
 *地耐力が5t以上・・・・・布基礎+防湿コンクリートで充分です
 *地耐力が3-5t  ・・・・・幅広底盤布基礎+防湿コンクリート
 *地耐力が2-3t  ・・・・・ベタ基礎
 *地耐力が不均等・・・・・ダブル配筋ベタ基礎が必要です
 *地耐力が2t以下・・・軟弱層2m以内・・・表層改良+ベタ基礎
 *地耐力が2t以下・・・軟弱層8m以内・・・柱状改良+ベタ基礎
 *地耐力が2t以下・・・軟弱層8m以上・・・鋼管杭打+ベタ基礎
  軟弱地盤の土地を買うと基礎補強に多額の費用が掛かるので
  土地購入前に許されるなら地盤調査をする事をお勧めします。
 ※弊社では建築を条件に地盤調査を無料でしています。ご相談下さい

    (購入前に地盤調査をした方が良い土地)
  ・ 周辺50m以内の道路や建物やブロックに亀裂が入っている
  ・ 区画整理前 昔 川や池や水路であった
  ・ 造成地の築年数が10年未満(傾斜地)
  ・ 擁壁の高さが1m以上
  ・ 擁壁の高さと建物との距離が1.5倍以内
  ・ 盛土で整地の年数が5年以内(平坦地)
  ・ 盛土の高さが50cm以上
  ・ 鉄筋・スコップが容易に差し込める

■ 間取り・・・・間取りの考え方とチェックポイント      戻る
 *家の間取は資金計画の予算内の大きさに収めましょう
 *間取りのコンセプトと注意点
   ・家族のふれあい・・・・・・・・リビングの位置・広さ・動線
   ・家族のプライベート・・・・・・・・壁の配置・防音
   ・安心・安心    ・・・・・・・・窓の高さ・防犯・防火
   ・丈夫・長持ち  ・・・・・・・・耐震壁・屋根の形(雨漏対策)
   ・快適       ・・・・・・・・部屋の広さ・生活スタイル・採光・動線
   ・健康       ・・・・・・・・日当り・通風・換気
   ・整理・整頓    ・・・・・・・・収納スペース
   ・変化に対応    ・・・・・・・・身体能力の低下・家族の増減
   ・美しい      ・・・・・・・・家の形・内観


 *間取lりのチェックポイント
     1  必要な部屋数が有るか
     2  必要な水廻りの広さは充分か
     3  建物・駐車場・門の配置は問題ないか
     4  玄関の位置は良いか
     5  階段の位置・勾配は良いか
     6  LDKの位置は良いか
     7  個室の位置は良いか
     8  ベランダの位置は布団や洗濯干しを考慮したか
     9  部屋の広さ・家具の配置は問題ないか
     10 部屋の和洋は生活スタイルに合っているか
     11 収納は考慮したか
     12 動線は短く無駄はないか
     13 日当り(窓の位置・窓の大きさ)は良いか
     14 採光(窓の位置・窓の大きさ)は良いか
     15 通風・暖房(窓の位置・部屋の大きさ)は考えたか
     16 窓の防犯・防火・手摺・飾りは考えたか  
     17 家の美観(家の形・屋根の形・内観)は良いか
     18 壁のバランス(耐震性)は考えたか
     19 ドアの位置・ドアの開勝手・建具の種類は問題ないか
     20 コンセント・スイッチの位置は問題ないか

 *下記の電気プラン図を参考に良い間取を考えてみましょう。

電気コンセント位置
電気コンセント位置
電気コンセント位置
電気コンセントの種類と高さ


電気スイッチの位置
電気コンセント取付高さ
電気スイッチの位置
スイッチの種類と設置高さ


照明方式
照明方式
部屋の広さに応じた照明器具の選定例
部屋の広さに応じた照明器具の選定例

 *お客様が間取を考える時、一番難しいのは限られた家の大きさ の中で自分の夢を
   カタチにすることです。最初は業者に自分の希望を言い試案を作ってもらいましょう


■ 坪単価と見積範囲                        戻る
住宅価格の表示方法には決められた方法がありません。
住宅の値段は一般的に坪単価で表されますがその坪単価も会社や地域により見積りの範囲が違います。プレハブメーカーや大手建設会社や東京などは建物の値段を外部の給排水や屋内のエアコンやカーテン・照明器具の入らない建物本体価格で表しています。それに対して地方や中小零細企業の工務店は建物の値段を昔ながらに全部入れた建物引渡価格で表しています。さらに大手プレハブメーカーは坪単価を出す時に建物の大きさを法律的な延べ床面積ではなくベランダや玄関ポートや吹抜の入った施工面積で計算して坪単価を安く見せています。地場の工務店は建物の大きさを延べ床面積で計算するところが多いので坪単価は少々高いです。またそれに消費税が入っているかいないかで大きく違います。しかし要は家全体の建築費を知りたいのですから値段を聞くときは次のことを確認して下さい@家の値段は建物本体価格か引渡価格かA消費税は入っているかいないかB計算は施工面積か延べ床面積かC生活するのに必要な網戸や照明やカーテン・エアコンはその価格に入っているか?です。一般にプレハブメーカの値段は建物本体価格の中に消費税が入っていませんので家全体の値段を把握するにはそれに約15〜18万円上乗せして考える必要があります。地場の工務店の場合は全部含めた値段が多いですが消費税の扱いには注意をしましょう。いずれにしろ住宅の坪単価は建物引渡価格と建物本体価格があります。建物引渡価格は現在、建物の配置や下水処理の方法によって水道代金が大きく違ってくるので現在は多くの会社が建物本体価格を採用するようになってきました。しかし建物本体価格は家の付帯工事や家の建築諸費用が入っていないので家全体の建築費がつかめないという欠点があります。それを利用して悪い会社はお客を集めるために建物の本体価格を故意に安くして客集めをしている会社もありますので注意が必要です。現在、自由設計・注文住宅で家の坪単価が35万円以下の会社は避けた方がいいでしょう。建物本体価格と工賃は別だとか建築施工面積に最低制限があるとか間取りは企画型だとか設備や外観は良いが後は全部ダメとか安い裏には何かカラクリが有るのです。また家は同じ大きさ、同じ見積範囲でも使う材料の質によって家はどうでもできます。会社によっては家の予算を教えなければ見積りをしない会社も有ります。そのような会社はお客様の予算に合わせて材料の質を変え家の大きさを変え間取を変えてお客様の予算に合う見積書を出しているのです。
家の値段の高安は本当は相見積を取り使う材料や見積範囲を見積書で検討しないと分らないのです。
弊社の見積書は使う材料の値段や見積範囲が誰にも解るようにしていますので将来家を造る時は見積(無料)だけでも宜しくお願いします。

    【家の値段は使う材料で決ります。材料をチェックしましょう

       家の値段は使う材料で決ります 

        【解りやすい見積書】

建物総取得費=建物引渡価格+登記+ローン借入費用+税金+引越し+家具+家電
建物総建築費=建物本体価格+オプション+付帯工事+別途工事+諸費用
      =建物引渡価格


 *本体価格に含まれるもの(家を建てるのに必要な工事)
    1  仮設工事(足場・仮設トイレ・仮設電気・仮設水道・ガードフェンス)
    2  基礎工事(基礎工事・整地)
    3  木工事 (プレカット・建前・造作)
    4  左官工事(京壁・聚楽壁・漆喰壁・リシンの掻落壁・各種下地等)
    5  クロス工事(クロス貼・床クッションシート貼)
    6  畳工事 (新畳)
    7  建具工事(襖・内障子・室内ドア・引違い建具等)
    8  雑工事(白蟻消毒・ハウスクリーニング・養生工事・残材処分等)
    9  ベランダ工事(FRP防水・アルミ手摺・物干金具)
    10 屋根工事(瓦葺・コロニアル葺・金属屋根葺等)
    11 板金工事(屋根水切・破風被せ・樋工事)
    12 外壁工事(モルタル下地壁・金属S・窯業系サイディング・ALC等)
    13 塗装工事(外壁吹付・軒天,破風,室内塗装)
    14 タイル工事(玄関・台所等)
    15 サッシ工事(玄関・窓・テラス・網戸等)
    16 屋内水道工事(給排水配管・器具取付等)
    17 屋内電気工事(電気配線・通信情報配線・器具取付等)
    18 屋内ガス工事(ガス配管)
※オール電化の時不要
    19 住宅設備機器(システムキッチン・ユニットバス・洗浄付便器・玄関収納)
          (床下収納・シャンプードレッサー・エコキュート・IHクッキングヒーター)
    20 換気扇工事(24時間換気)
    21 火災警報器工事
(熱・煙感知機取付)

 *オプションに含まれるもの
(贅沢品)
    1  堀座卓       21 外壁タイル
    2  生ゴミ収納     22 無垢床柱(紫檀・黒檀)
    3  式台        23 天窓
    4  腰壁        24 システム階段
    5  ニッチ       25 システムファニチャー
    6  大黒柱       26 熱交換気扇・Q-hiファン換気扇
    7  電動シャッター     27 サウナ・ブローバス
    8  シャッター付出窓     28 浴室換気乾燥機・浴室TV
    9  書院        29 システムトイレ
    10 テラス       30 小便器・手洗器
    11 濡縁        31 システムカウンター
    12 ウッドデッキ    32 アイランドキッチン
    13 屋根裏収納     33 食器洗い乾燥機
    14 ロフト       34 囲炉裏
    15 開閉壁       35 茶室
    16 床暖房       36 防音室
    17 食器棚       37 ホームエレベーター
    18 防犯センサー    38 自家水ポンプ
    19 全室シャッター・雨戸  39 太陽熱温水器
    20 ペット用室内ドア  40 太陽光発電システム

 *付帯工事に含まれるもの(家の外で建物に付随して絶対必要なもの)
    1  屋外給排水工事
    2  雨水工事
    3  合併処理浄化槽工事
    4  屋外電気工事
    5  屋外ガス工事
(ボンベのLPGガスは不要)

 *別途工事に含まれるもの(取外せる物・無くてもよい物・特殊な物)
    1  照明器具取付
    2  カーテン取付
    3  エアコン取付
    4  地デジ・BSアンテナ工事
    5  門・外構工事
    6  駐車場工事
    7  犬走り工事
    8  土地整地・造成工事
    9  造園工事
    10 解体工事
    11 敷地測量
    12 地盤調査(弊社では建築を条件に
無料)
    13 基礎補強工事

 *建築諸費用に含まれるもの(家を建てるのに必要な経費)
    1  契約印紙代
    2  建築確認申請費用
    3  水道加入金
    4  設計料

    5  見積費(
無料)
    6  現場経費(交通費・通信費・現場管理費)

    7  各種検査料
    8  各種保険料
    9  消費税5%

■ 構造・材料の確認                        戻る
*家の契約は見積書や仕様書だけで決めず必ずその会社が建てた家やこれから使う材料を見て契約しましょう。見る家は新しい建築中の家と年数が経った古い家を勧めます。新しい家は構造の勉強で古い家はクレーム探しです。工事の欠陥は新しい家より古い家に出やすいのです。現場管理をしっかりしている家は家が古くなってもクレームはほとんど出ません。
   例 クロスの切れ・・・・工事の時、養生テープを使わないから
              ・・・・柱がズブ生であったから(木の暴れ)
              ・・・・石膏ボードのジョイント位置がおかしい

□ 保証体制                   
戻る
 *建物の主要な構造部分と建物への雨水の侵入を保険で10年保証
   しています。
   (※保険で20年保証したいのですが現在10年以上の保険はありません)


保険の対象となる家の基本部分
保険のしくみ
保険のしくみ


 ■家造りのコンセプト
 *安全・安心  ・・・・・・・・・・高耐震・防風・耐火・防犯・防音
 *丈夫・長持ち ・・・・・・・・・・高耐久(構造・材料・防水・防蟻・防腐)
 *快適・省エネ ・・・・・・・・・・省エネ(高気密・高断熱・省エネ機器)
 *自由設計   ・・・・・・・・・・良い間取(配置・広さ・収納・採光・動線)
 *健康的な部屋・・・・・・・・・・日当り・通風・換気・明るさ
 *変化に対応  ・・・・・・・・・・バリアフリー・サヤ配管・体育館構造
 *美しい外観  ・・・・・・・・・・純和風・南欧風・洋風(高級感)
 *美しい内観  ・・・・・・・・・・和室・洋間・玄関・階段(高級感)
 *最新設備   ・・・・・・・・・・美しさ・機能・収納・清潔・耐久性
 *低価格     ・・・・・・・・・・引渡価格:最多価格帯坪45万円


 ■会社所在地 群馬県伊勢崎市長沼町101番地 大栄産業 TEL.0270-31-0325
伊勢崎市の自由設計・ローコスト・木造注文住宅・建築情報は大栄産業にお任せ下さい

□過去の施工例戻る

施工例
施工例
施工例

施工例
施工例
小規模宅地
間取集
1
標準仕様
標準仕様 ソリエーボ
1
標準仕様 ドレアル
標準仕様
1
お問合せ先